心の道標

様々な自分の疑問に、自分で答えを見つける旅

幸せの見つけ方

誰かを傷つけ 嘘をついてその場しのぎをし 恨んだり、憎んだり 怒ったり、羨(うらや)んだりした時 その手に握っていた鍵で開ける 思い出の引き出しの中に 何が入っているのでしょう? あなたが持っている鍵はきっと 逆上がりが出来た時 友達と、倒れるほど飲…

夏のポラロイド

失恋は、淡い波の泡のように、 打ち寄せては引いて消えていく。 手にする事が出来ない、淡い泡。 思い出の先にある、青く広い視界が、 ちっぽけな自分を際立させ、 時折、ほほを撫でる風が、想いをさらっていく。 ほろ苦い海の水は、心を潤せず、 ただ、ただ…

星の願い

小さい頃から、星を見るのが好きでした。 吸い込まれていきそうな、余りにも果てしない空間に、 いつまでも、委ねていたかったからです。 小さな望遠鏡を買い、月や土星の輪を見ていた少年。 もう、見上げる事が少なくなってしまいました。 ただ、冬になると…

心の病(やまい)

自分で、自分の心をコントロールする当たり前の権利を病に奪われる。 深い穴に落ち、閉じてしまいそうになる時、 「助けて!」と叫ぶ事も 「大丈夫!」という声も聞こえなくなるのです。 とても怖く、恐ろしい闇。 時には死よりも恐ろしい闇となります。 私…

みんな同じ色を見ている?(3)

夕暮れ川面は金色コイン ときどき小魚飛び跳ねて コインの数を増やしたよ 夕暮れ木漏れ日 銀色コイン ときどき風が揺さぶって コインを空にばらまいた それは、他の感覚についても同じ事が言えます。心に響く曲や美しいハーモニー、生の楽器の音にたくさん触…