心の道標

様々な自分の疑問に、自分で答えを見つける旅

自分って何?

誰が悪い?誰のせい?⦅心の持ち方⦆(1)

誰のせいでもありません。自分のせいです。 でも、だからと言って自分を責める事ではありません。 その気持ちは、やり場のない気持を一時的に避難させ、先延ばしにしているだけです。 たとえ理不尽、一方的な言葉や要求であっても、一旦立ち止まり自らを省(…

対人関係に悩まない(2)

どうしても、この社会の中で生きていく上で、対人関係は悩みの一つになります。 この手の問題解決法として溢れているのは、常に自分に対する対処法、すなわち、悩ませる相手では無く、自分を変えていく事がメインになって話が進んでいます。 考えてみると、…

心の中は、空っぽがいい(1)

「努力すれば報われる」「悪い事があっても必ず良い事がある」 「嫌われる人間になれ」「人とうまく付き合う方法」 「ポジティブに生きる」「必要とされる人間に成れ」 「過去にこだわるな」「人と比べるな」 「人のせいにするな」 こんな言葉が、山ほど溢れ…

偽りの自分がいる

二十代の頃一人暮らしをしていました。 ある日、高校時代の同級生から電話があり、彼は、宗教の事や生き方で親と関係が悪くなって、しばらく泊めて欲しいという内容でした。 それほど親しくはなかったが、「いいよ」と、電話をきりました。 彼が顔を見せたの…

見方を変えなくてはダメになる!(1)

空を見上げた時、雲は、どんな色ですか? 白や灰、黒と様々ですが、あなたを雲に例えるなら、 沢山集まれば集まるほど、色は濃くなります。 すなわち、人が多く集まり集団になればなるほど見通しが悪くなり、中では激しい空気の流れが生まれるのです。 上や…

心は何処にあるの?(2)

「心」は人間が生み出した概念です。 心は感覚です。 (このブログ「心は何処にあるの?(1)」を見て下さいね) kenpa.blue 人間であるあなたを、皮をむくように、 例えば肩書や地位、職業や年齢、誰かさんのあなたという立ち位置や血筋等、 どんどん剝いて…

あなたの帰る家

頭の中は家と同じ。 持ち主は、あなた。 他人を住まわさない。 あなたの化身も、あなたの代理も住人ではない。 あなただけの家。 朽ちた家には、誰も住みたいとは思わない。 光が入るよう、風が抜けるよう窓は、開けておこう。 掃除もして、いらないモノは、…

生きる事の意味?(3)

あるアジア圏の貧しい国に始めて行った時、空港に着くなり、警備員に脅され、 お金を取られ、町中で散歩している時に、手に持っていたペットボトルをくれと子供が言うので、渡してやると、中身が日本茶と知り、目の前で捨てられたり、 写真を撮ってやると言…

自分って何?(4)

月のように影からの優しさを 火のように秘めた強さを 水のように深く染み渡り 木のように動じず、時に 金のように柔軟で 土のように生み育てる豊かさで。 そして 日のように分け隔てをしない 何も難しいことではない。必ずその中にある。 一つずつ、いらない…

自分って何?(3)

心は宇宙 ビッグバンで生まれ、自分ですらもまだ探索出来ない、果てしない領域が広がる。 ブラックホール、超新星爆発、美しい銀河団、日々新たな発見。 調和という大きなくくりの中でカオスに満ち、 偶然と奇跡が交差し、生まれては消えゆく。 宇宙は広い。…

自分って何?(2)

心よ、なぜ君は騒ぐ 時に有りもしない事に憂い、憎しみ、怒り、 まだ解らない先への不安を先取りし、過去に責任を擦り付ける。 君が騒ぐと身体が硬くなり、血液が滞る。 君を静める事に僕はとても疲れて、 穏やかな瞬間の連続を味わえない。 ざわめく心を、…

自分って何?(1)

心の中に猫がいる。 猫は何にも言わぬけど、 じっとこっちを見つめてる。 心の中のその猫は、 決して表で遊ばない。 自分って、いったい何でしょう? 私達は何かを通して自分というのを考えています。いわゆる鏡です。 毎朝、鏡を見て自分自身を映し出すよう…