心の道標

様々な自分の疑問に、自分で答えを見つける旅

自分って何?(4)

f:id:KENPA:20210408203226j:plain

月のように影からの優しさを

火のように秘めた強さを

水のように深く染み渡り

木のように動じず、時に

金のように柔軟で

土のように生み育てる豊かさで。

そして

日のように分け隔てをしない

 

 

何も難しいことではない。必ずその中にある。

一つずつ、いらないものをゆっくり取り除くだけでいい。

 

「自分って何?……」

「自分って何?…………」

「自分って何?………………」

 

若くても、どれほど歳を重ねても、

やがて訪れる終焉の時まで、

自分探しは終わりません。

なぜなら「自分」=「可能性」だから。

可能性が、あなたと誰かの為に。

 

f:id:KENPA:20210408203438j:plain

車で出かける時、 窓を閉め、ジプシーキングスの「Inspiration」をかけて 走りたくなる時がある。

テレビの時代劇のエンディングで使われた有名な曲だ。

周りに広がる景色は まるでテレビのドラマを見ているようだ。

通り過ぎる一瞬の中に、 数えきれないドラマを背負った人々が、流れては消えていく。

儚(はかな)いというか、少し寂しい気持ちが起きるそんな時間が、何より愛おしい。

何気ない日常が、どれほど大切なものなのか。

色々な人がいて何処かでつながっている。

吸っている空気も、見上げている空も。

 

もっともっと今を、この瞬間のありがたさを味わい、生に執着しなければ。

 


グレイテスト・ヒッツ