心の道標

様々な自分の疑問に、自分で答えを見つける旅

ONLY YOU

f:id:KENPA:20220214161638j:plain

昭和の頃では、お見合いやおせっかいな人達がいたおかげで、年頃になると恋愛対象や、結婚する相手を見つける事は、今よりも少しは楽だった。

今は恋愛相手も、異性だけでなく様々な形態になり、対象になる人達の人口も減り、晩婚化も進んで、おまけに、社会も不安定で、なかなか出会う機会や、恋愛から結婚に至るハードルも高くなって、若い人達にとっては、受難な時代だといえよう。

特に経済的な理由で、その機会すら与えられない人も多く、一人暮らしや、親との同居が長い人も増えている。

経済格差社会では、特に男性にとっては厳しい状況で、働き手の多くが中小企業に勤めており、派遣扱いも多い中、普通に家庭を持つ事も難しいのが現状だ。

自分を振り返ると、夢見のプー太郎(今では死語?)すなわちその日暮らしの様な、昭和の時代にはあまり居なかった部類で、結婚など頭の隅にもなかった。

同様に、私と同じように生きてきた友人達は、今でも独身が多い。

勿論、彼らが恋愛や結婚をあきらめていた訳では無く、時代が恋愛や結婚対象としては論外としていたからだ。

経済的な事で、無理だと思った事があるのも事実で、それを理由に結婚できないなら、その方がマシだとも思っていたからだ。

当時も3高(高学歴・高身長・高収入)という条件が頭をよぎっていて、どの項目にも当てはまらない私には、夢の様な世界であった。

反面、人間性の力が、すなわち優しさや心の広さが、いずれ運を招くという事も信じていて、今の自分に運が無いのは、「それだけの男だった」という何とも情けない理由を付けて、自身を慰めていたものだ。

私が今のフィリピン人の妻と出会い、結婚できたのも偶然の重なりの様なモノで、経済力一つとっても日本の女性から見ると、明らかに対象外だったし、年齢や容姿でもプラスになる要因にはならなかった。

もし、友人の誘いでフィリピンパブに行かなかったら、ずっと独身でいただろう。

もし妻が他のお金持ちの若い男性をフラなかったら?そんな偶然や運が今を作っている。

f:id:KENPA:20220214162250j:plain

今になって思う事は、

頭でどんなに考えていても、何もしないと何も起こらないという事と、

自身が動けば、出会いは必ず誰にでも訪れるという事だ。

そして、何かの理由を付けて諦める事の愚かしさだと思う。

選択は、必ず自分でするもので、その為には行動が絶対条件になる。

結果、どの道を選んでも、それは自分の選んだ答えに沿うモノであり、

考えが変わったなら、行動を起せばよいだけなのだ。

過去に囚われない生き方という事でもある。

人間は弱い。

その弱さこそが、生きる為の糧になり、繋がりを生み出していく。

だからこそ、その弱さを知らなければ、優しい人間にはなれない。

その為に、自分を知らなければならないのだ。

正直者が損をするという言葉があるが、正直者はずっと正直者でいて、損はしない。

損をしたと思うなら、それは誰かと比べた時だから。

優しい心の持ち主は、ずっと優しくあればいい。

優しさの主(あるじ)だから。

 

今の世の中は複雑になりすぎて、余計な事までしょい込む事ばかりだが、逆にチャンスかもしれない。

上辺だけの繕いが陳腐であるという事に、飽きてきている事に気付き始めているし、そう信じたい。

弱さが、優しさを生むように、この社会が病んで行けばいくほど、優しさが輝いていくからだ。

その為に自分と向き合う時間だけは、どんなに忙しくても作らなくてはいけない。

自分に嘘をつけばつくほど、優しさは遠ざかって行き、出会いを失っていくだろう。

心優しい人間には、必ず同じような人達が集まってくる。

目に見えぬものこそが、大切なものなのだ。

 

 

『ONLY YOU』

心の引き出しに 触れさせずにいた

はしゃいでいるフリも ただ寂しいだけ

壊れそうなくらい優しい君が

引き出しのカギ取り出して

そっと開けてゆく

きっと出会う前から僕のカギ握りしめてた

 

I LOVE YOU  ONLY YOU  心 ONLY YOU

I LOVE YOU  ONLY YOU  I LOVE YOU

 

I LOVE YOU  ONLY YOU   心 ONLY YOU

I LOVE YOU  ONLY YOU    I MISS YOU

f:id:KENPA:20220214162004j:plain

心の悲しみを 分けて欲しいから

言葉を失くさないで いつも見守ってる

忘れないでおくれ 交わした約束

変わらぬ僕の想いと 二人の永遠

とても切なくて 君の事愛してる

 

I LOVE YOU  ONLY YOU  心 ONLY YOU

I LOVE YOU  ONLY YOU  I LOVE YOU

 

I LOVE YOU  ONLY YOU   心 ONLY YOU

I LOVE YOU  ONLY YOU    I MISS YOU

 

I LOVE YOU  ONLY YOU   心 ONLY YOU

I LOVE YOU  ONLY YOU    I MISS YOU

 

 

時の行方を手探りで、探りさらわれ流されて、

寂しく、切なくなるこの気持ち

二人がもたらす贈り物。

独りになれない、半人前の埋め合わせ。

その手を、離すまいとするように、

視界に留めて、寄り添い重なり

いつまでも、と願う不安は未来を避けて、

思い出作らず、今だけ信じる。

ありのまま、不安定な心地よさ

こぼれ出る言葉は、いつも「あなただけ」

 

ずーっと同じ気持ちで相手と過ごす事は、ほとんど無理でしょう。

何故なら、私達には時が流れているからです。

そして、少しずつ歳を重ねながら、死が訪れるまで経験を積んでいくからです。

時にその経験は、当たり前の事として流してしまいます。

人間には、過去に戻る事も未来の事を知る事も出来ません。

当たり前は、本当は奇跡のようなものです。

思い返した時、心が暖かくなるような積み重ねが、まだ訪れない未来の方向を決めていきます。

それは、いつ起きるか解らない、ちょっとした隙間に潜んでいるのです。

 

寄付・募金ならプラン・インターナショナル・ジャパン